知っておくべき!カードローンの金利と利率の計算方法

カードローンの返済は、元金と利息との合計を返済していきます。そのため、利用しているローンでどの程度利息を払っているかを把握することは、とても大切なことなのです。
カードローンの利息は「元金×金利×借入期間」の計算で求めることができます。「元金」とは、実際に借りたローンの金額のことで、「利息」とは、元金に対して一定の利率をかけて発生する手数料のことをさします。この一定の利率のことを「金利」といいます。金利の表示方法はいくつかありますが、カードローンの金利を表示する場合には「年利」を使用します。また、「実質年率」という言葉も同様に年間の利率を表す言葉として、年利と同様に使用されます。
カードローンでいくらの金利でいくら借りたかを把握していれば、そのカードローンでどの程度利息を払っていくことになるか計算することが可能になります。ローンは、借入期間が短いほど負担する利息は少なくて済みます。そのため、ローンの総支払額を抑えるためには、繰り上げ返済などを行い、短期間で関西することを心がけましょう。
ただし、短期間でローンを返済すると、一度の返済額が増加してしまい、急な出費が生じた際に対応することが不可能になり、カードローンよりも利率の高いクレジットカードのキャッシングなどを使ってしまう、という事態も考えられます。
カードローンを利用する際には、しっかりと返済計画をたて、借入と返済のバランスをとることができるようにしましょう。
ソニー銀行カードローンの特徴と審査はこちら